ガンダムあげ

0

     少年院に以前行ったが、面会をしたときに「最近スターウォーズを見た」という話を聞いた。
     
     なるほど、良いチョイスである。
     才能に溢れ、正義感にもあふれていたアナキン・スカイウォーカーが利己心と怒りによってフォースの暗黒面に落ちていくという点では、ある意味、少年院で見せるには良いチョイスだろう。
     
     少年犯罪を犯すものは、大人の社会を敵対視している傾向があるので、自分たちの行動は大人社会への反抗であり、正義であると潜在的に思っている節がある。
     
     そういう意味で、悪人が悪事を働いて裁かれる話よりも、実力にも、才能にも、正義感にも恵まれていた少年が、ルールを破り、感情に流されるままに動いた結果、悪に落ちるというのは、彼らの状況に近いのかもしれない。
     
     一体、どれだけ見たのだろうか。
     どれか一つ見たのだろうか、それとも何度かに分けて1〜6まで行ったのだろうか。すごく気になる。
     
     彼らはアナキンを見て何を思うのだろうか。
     そもそも、スターウォーズ エピソード3の真意は大人からしても難解な部分を含んでいる。我々から見ても、アナキンの行動はそこまで間違っていない。
     
     彼は愛する者のために世界に対して抵抗をしただけであり、ジェダイに課せられたルールが厳しすぎると取ることもできるし、ヨーダの考えが硬すぎるとも思える。
     
     スターウォーズが語りかけてくるのは「悪法もまた法なり」という事なのかもしれない。
     ジェダイの騎士に課せられたルールは重く厳しく、合理性を欠くようにも見える。だが、それを破った結果、アナキンは不幸にもフォースの暗黒面へと落ちていった。
     
     スターウォーズは理不尽だと感じてもルールに従う事を教えようとしているのかもしれない。
     
     
     あ!それとも、レイア姫を見せて、薬物中毒の恐ろしさを教え・・・いや、それはあまりにマニアックな教育である。
     
     というわけで、スターウォーズから得られそうな教訓を考えてみた。
    .笋辰燭薀妊る・・・・・デキちゃってから隠そうとしてももう遅い。
    甘い言葉には罠がある・・・・・・助かる方法があるとか言われても信じたらイカン
    人は見た目で判断するな・・・・・・ジャージャー・ビンクスは良い奴
    ず庸修魏畤するな・・・・・・選ばれた者だったのに!
    グΔ楼梁隋ΑΑΑΑΑΕ▲淵ン「I hate you!」 オビワン「I love you.」
    μ物中毒はヤバい・・・・・・レイア姫 つдと
    R2D2って日系人が作ってるんだぜ!・・・・・・だからどうした。(私はグラント好きである。)
    ┘襦璽襪鮗蕕蕕覆い反誉固肪召垢襪次ΑΑΑΑΔ△泙蠅貿肪召靴垢てアナキン哀れすぎ。

     割りと少なかった。
     とりあえずルールを守らないと!という事が、やたら過剰に学べるのではないだろうか。
     
     まあとにかく、入っているあの子が暗黒面に落ちずに戻ってきますよう
     May force be with you.
     
     父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
     
     えいめんっ!
     


    関連する記事
    コメント
    アナキンは間違ってない。
    ジェダイは腐ってたんだ。
    アナキンはシスにもジェダイにも嫌気が指していたんでしょ。シスに関しては映画では語られてないが。
    しかし、スピンオフなどに目を通せばわかる。
    アナキンは決してシスに傾倒してた訳でもなく、パドメを救い、腐った銀河をたち直そうとしてたわけだ。
    確かにアナキンはたくさんの人間を殺したが、アナキンの行動は単純に利己的に行動しただけではないよ。
    単純に見れば悪に見えるかもしれんが、アナキンは悪とは言えない。
    ジェダイもシスもみんな殺しを働いているのになぜアナキンだけ悪だと思われる?
    アナキンがやろうとしたことは、腐った世界を革命することだよ。
    少なくともジェダイやシスより正義に満ちているんじゃないか?
    • 名無し
    • 2014/09/07 2:45 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    このブログについて

    フレームを利用してHPとのハイブリッドになっているが、別にブログ単体にリンクしたり、トラックバックしたりは自由である。 必ずフレームの方にリンクしてくださいとかではないのでご自由にどうぞ。 昔から何でもご自由にどうぞである。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM