萌えラノベを読みました。

0
     さて、新しいジャンルにチャレンジしよう!と、思い立って・・・
     
     最近量産されている「タイトルが長い文章になっている萌えラノベ」に手を出してみた。
     
     
     そのタイトルはというと・・・
    「アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う」である。
    (若干のネタバレを含みます。大丈夫な程度だけど)
     
     ちなみに、英題は「SOULLESS」である。
     たぶん、「ソウルレス」というタイトルで日本で出したら、誰も見向きもしなかったのではなかろうかと思っている。
     
     邦題をつけた人の大勝利であると言わざるを得ない。
     
     さて…問題は中身である。結論から云えば面白かった。
     舞台はヴィクトリア朝時代のロンドン…だが、スチームパンクの世界で飛空艇なども発達しており、さらにロンドンでは明確な法の整備の元、吸血鬼・人狼・ゴーストら「異界族」と呼ばれる者達が共存している。
     
     そんな世界である。
     
     最初、世界観があまりに色々詰め込んでありすぎて「ウッ!」と、なりかけたのであるが、不必要に世界を説明すること無く、話の流れの中で綺麗に理解していけるので全く問題は無かった。
     
     ちなみに、萌えラノベである。
     主人公は「行き遅れのオールドミス。鼻と体と乳がデカくて、イタリア系イギリス人のミス・アレクシア・タラボッティ」である。
     
     萌えラノベである。
     
     正直なところ、ついにアメリカ人が萌えラノベを創りだしてしまったか!と、感嘆せざるを得ない作品である。
     
     ちなみに、アレクシアはツンデレである。
     正しい意味でのツンデレである。普段はツンツンしているのだが、いざ二人きりとなれば、知的好奇心に負けて「チ○コ触る」主人公である。
     
     よくある萌えラノベにありがちな、恋愛下手同士の妙なまどろっこしい展開は無くて、主人公も恋人もアグレッシヴで面白い。とてもアグレッシヴである。
     
     まあ、とにかく読んでみれば解る。
     
     とにかく、笑いあり、バトルあり、ホラーあり、ロマンスありと、いろんな要素が入っていて面白い本である。
     
     それでいて、綺麗に話が終わっている。
     
     2巻も買わざるをえない!という一品である。
     ぜひ、このアメリカ産萌えラノベを読んでみてもらいたい。
     
     2巻も面白くありますよう
     父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
     
     えいめんっ!

    書簡体小説

    0
       最近、ホーンブロワーシリーズを読みきった悲しみで、次の本を選べていなかったのだが、イギリスつながりで、ブラム・ストーカーのドラキュラを読み始めた。
       
       いわゆる、書簡体や日記体の小説は読み慣れていなかったので、序盤こそ違和感があったが、慣れるとなんとも言えない面白さがある。
       
       一人称視点の小説では、視点のキャラを換えるのは、ある種のご法度であるし、三人称視点の小説では、あまり各人の心理描写を濃厚にしすぎるとごちゃごちゃしてくる。
       
       だが、往復書簡や日記を次々と読んでいく形になっているドラキュラでは、それぞれのキャラクタの心情や、全く違う場所での出来事が分かるので、登場人物たちには分からない関連性や事情などを神の視点で愉しむことができる点が面白い。
       
       一つ、惜しむらくは、私がドラキュラという存在について予備知識を持っていた点である。
       吸血鬼なんて、当たり前すぎるほどに当たり前なコンテンツになってしまったので、誰だって心臓に杭を打つと死ぬとか、十字架が苦手とか、ニンニクが苦手とか知っている訳である。

       だがきっと、ブラム・ストーカーがこの小説を発表した当初、吸血鬼なんてものについて、詳しい知識を持っている人は、ほんのひとにぎりだった筈である。
       
       キャラが貧血を起こしている状態で、今の我々は「はいはい吸血吸血」という感じになるが、当時の人はアレコレ悩みながら読んでいたに違いない。
       
       吸血鬼という予備知識無しで読んだら、もっと不可思議でスリルある作品なのではないかと思うのである。
       まあ、ムリな話だが。
       
       当たり前すぎて当たり前な事しか言えないのだが、面白いのでオススメの一冊である。
       
       なんていうか・・・オススメするのが恥ずかしいが・・・
       
       まだ、全然途中ですが、ミナ・ハーカーが無事でありますよう!
       父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
       
       えいめんっ
       

      品揃え

      0
         海洋冒険小説といえば、ホーンブロワー・ボライソー・オーブリー・キッドあたりがメジャーだが…ボライソーとオーブリーは絶版があるでの入手が難しい。

         そして、頼みの綱のアマゾンが魔窟である。
         オーブリー&マチュリンシリーズは上下巻にわかれているものが多い…。で、以下の2つを見てもらいたい。
         
         http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%90V%89s%8A%CD%92%B7%81A%90%ED%97%90%82%CC%8AC%82%D6&x=0&y=0
         
         上巻と下巻、それぞれのお値段を見てもらいたい。
         上は1円とかで投げ売り状態。
         下は安くても500円オーバー!
         
         ;゜д ゜)・・・。アシモトミヤガッテ!
         
         現状、スムーズに手に入る海洋冒険小説といえば、ホーンブロワーとトマス・キッドくらいという訳である。
         
         キッドも良いのだが、正直ナポレオン戦争にやや飽きてきたので、アメリカ独立戦争とかが読みたくてボライソーを欲しているのだが、これも絶版で厳しい。
         
         とっとと電子書籍化して欲しいものである。そうしたら端末買って読むのに…。
         
         天の神様
         ここらへんが一気に電子書籍化してくれますよう!
         父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
         
         えいめんっ
         
         

        ヤングジェントルマンとかが読むやつ

        0

           本を購入した。
           The young She officer's Sheet Anchor or a key to the leading of rigging and to practical seamanship.
           Darcy leaver著
           
           である。
           早い話が、若い士官候補生向けの、帆船の運用全般についての教科書である。
           出版された年代的には、フランス革命戦争〜ナポレオン戦争期に読まれていたものである。
           
           洋書なのだが、比較的平易な文法で書かれているので読みやすい…が、単語が割りとヤバいのである。
           
           では、問題である。
           以下の単語の意味を答えよ!
           
           1:Fish
           2:purchase

           1にいたっては、中学生レベル。2でも、大学受験レベルの単語である。
           通常であれば、fishは魚、purchaseは購入するである。
           
           だが、この本では全く違う意味で使われている。
           
           Fish:マストを補強するための添え木
           purchase:滑車やテコを使って動かす
           
           びっくりである。
           どうにも意味が繋がらないので調べてみたら、そんな意味があるのである。
           
           さらに、読みにくいのが「:」と「;」である。
           コロンとセミコロンの用法は、思い起こしても、現在の教科書を見ても、中高の英語教育でかなり欠けている部分である。
           
           だが、しょっちゅう出てくるのである。
           そりゃぁ、英語圏の一般的な句点の一種なのだから、出てくるであろうが、あまり授業では習わない。
           
           基本的には並列の接続関係を表す「:」。逆説的な接続関係を表す「;」となっているようだが…。なかなか難しいものである。
           
           そんなわけで、とりあえず私は(知識上は)、ミズンマストを各種のブロックやスパーを使って挿入したり引き抜いたりする事ができるようになった!それと、スパニヤーンの作り方も…。
           何に使うかは知らぬ。
           
           何はともあれ、絵が多数あってわかりやすいので、是非おすすめである。
           これを読めば、帆船に詳しくなって帆船模型作りにも生かせるだろうし、ホーンブロワーやオーブリーを読む時にも楽しめる。
           
           おすすめである。
           50Guns shipも早く届きますよう
           
           父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
           
           


          以小事大

          0

             とある帆船の本をアマゾンで買おうとしたら、新品無しで、中古のみマケプレで3500円ほどだった。
             高いなぁと思いつつ、Amazon.ukで探してみたら、なんと新品13ポンド、送料込みで20ポンドである。日本円にすると2500円程である。
             洋書なので、日本のアマゾンで買っても同じ商品である。
             送料が1冊7ポンドのようなので、日本のアマゾンよりも、日本円にしたときの価格が900円以上安ければ、英アマゾンにする価値があると思う。
             もっとも、現実的に得した!と思える差額を出すには、2000円以上安いケースじゃないと難しそうであるが・・・。

             さて、それはそうとなんだか、いつの間にか韓国が、変な属国契約みたいなFTAをアメリカとの間に結んでおってびっくりである。
             
             日米修好通商条約に始まった不平等条約の改正の為に血反吐を吐いた歴史を持つ国の人間として、あーあ…とか、残念とか、可哀想という思いでいっぱいである。 
             あまり好きじゃない国とは言え、隣国がアメリカの食い物にされている姿は、哀れなものだし、明日は我が身でもある。
             
             が、よくよく考えてみたら、韓国は歴史的に見て実にブレない外交政策を執っているだけであるとも言える。
             
             以小事大・・・事大主義である。
             長いものに巻かれる。
             強いものに媚びる。
             隷属によって生き長らえる。
             
             結局、今世紀はアメリカに事大する事にしたという訳であろう。
             国防に千金を賭すとも、貢物に一毛を割かず。というような考えはあまり無いのであろう。
             もっとも、地勢的にも、相当厳しい場所だとは思うがな…。
             
             正直、Civだったら、あの位置で「初期拡張」に失敗しているのは、かなり辛い。
             
             ちなみに、civ5で、DLC朝鮮が出たのだが…。
             試しに、初期配置を実際の世界に近い雰囲気にしてくれるMODを使ってプレイしてみると、かなり厳しい。
             
             北にエカテリーナ。
             西に武則天。
             東に信長。
             
             三人に共通している事は何かというと、全員拡張主義前回の戦争狂という事である。
             天帝では中世まで持たない…。
             
             不死でやってみても、古典時代にラッシュをかけないと厳しい。
             
             ユニークユニットも絶望的である。
             「火車」
             ウリナラミサイル。中世の攻城兵器、トレビシェットの代替。攻城兵器のくせに、攻城時-25%のペナルティを持つという、鬼畜ユニット。何に使うのこれ…。
             攻撃力25で攻城ペナルティが-25%なので、攻城攻撃力は約18。
             一方、トレビシェットは攻撃力16だが、攻城ボーナスが+30%なので、攻城攻撃力が約20。
             おい、このゴミ棄ててこい
             事実上、無いほうがプレイが楽。

             「亀甲船」
             キャラベルの代替ユニットで攻撃力が高いが移動力が低い、視界も狭い。
             その上に外洋に出られないという事実上のゴミ。海防ユニットと捉える事も可能だが、そもそもキャラベルの時代に海から強襲をかけるケースが無いので無駄。
             そして、何よりも痛いのが、少なくとも、他の国よりも外洋に出られるのが1時代後になるという重い十字架を背負ってプレイする事となる。
             おい、このゴミ棄ててこい。キャラベルくれ!というレベル。
             
             製作者が、朝鮮文明をデザインするにあたって、あまりにも空気読み過ぎてて怖い。
             DLC朝鮮が出ると聞いた時、私はAoEの悲劇を思い出した。
             下朝鮮人がゴネまくり、怒ったMSが誰も使わないようなチートレベルの最強国家にしてやって、お前らこれで満足だろ?となったアレである。
             
             そういう意味では、Civ5は流石である…。

             何はともあれ…可哀想な国である。可哀想。
             これからもアメリカに事大して、頑張って暮らしていってもらえますよう
             父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
             
             えいめん
             


            黒色艦隊

            0

               ピクシブに細々とアップしている海洋冒険剣と魔法のファンタジー風物語の続きを一週間ぶりにアップした。
               どうにも、4万5千文字程度になってしまったので、4・5と二つに分けてアップロードせざるを得なかった。
               ピクシブの3万文字制限はつらい。5万くらいにしてほしい。
               なんだか、校正にやたらと時間がかかるのがびっくりである。
               最初、各話の最初にルールブリタニアの歌詞をつけていくつもりだったのに、一章あたりの量がなぜか多くて、なんだか4章で終わりそうな感じがしている。というか終わる。

               1 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=321917
               2 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=322213
               3 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=323209
               4 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=333431
               5 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=333908

               今のところ、5本である。
               元々、ピクシブ用に書いていないので、章がうまく分けられていない。1・2が1章、3が2章、4・5が3章となている。
               
               
               ちなみに、本作は帆走フリゲートが好きな私が帆走フリゲート(特にレイジーによる重装フリゲート)の素晴らしさを広める為に書いたものなので、フリゲートには主人公補正がかかり気味である。
               そこらへんがファンタジーである。
               
               関係ないが、ピクシブの小説機能は避難が多いな。そんな機能要らんって。
               まあ、ある分には便利だし良いのではないだろうか。
               
               ただ、絵よりも敷居が低いぶん、自分が読もうと思ったとき、良作を見つけるのが難しい。自分のアップしているものも、良作だとは思わないし…。絵と違って、判断基準が難しいところがある。

               タグもあまりあてにならないし。

               そこら辺が、今ひとつ当たらない理由であろう。
               元々、webで二次創作小説を公開したり読んだりという文化が醸成されていた腐女子界隈でのみ、ピクシブの小説機能が有効活用されているのが現状である。
               
               あと、見るのに時間がかかる。
               
               まあ、仕方ないと言えば仕方ないのだが、気軽にやれないのが大変そうであるな。
               
               ラストの4章もきちんと書き上げられるよう
               父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
               
               えいめんっ


              小説?

              0

                 やるゲームが無い関係で、ヒマだったので何に使うのか、どこにアップするのか、あるいは投稿するのかとか何も考えずに小説をちょっと書いた。
                 あとちょっとで完結しそうな感じで現在11万文字程度。
                 
                 久々にピクシブを見たら小説がアップできるようになっていたので、アップしてみた。

                 誰が読むんだこれ的なオリジナル品である。
                 まあ、せっかくなのでという事でアップしてみた。
                 
                 文字数2万とか書いてある時点で、気軽にクリックできない感じがアリアリである。
                 
                 すごいヒマな人がいたら読んでもらえると有り難い。
                 けっこうな厨設定であるがな…。
                 
                 3万文字制限のせいで、まだ特に何も事件も見所も無いというあたりが悲惨である。
                 割と、ピクシブ向け校正が必要だったので苦労している。
                 
                 そんなわけで、誰得すぎる感じであるがよろしく。
                 とりあえず、今日中に二つ目もアップしておこうか…。
                 
                 誰か一人でもすごいヒマな人が喜んでくれますよう
                 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
                 
                 えいめんっ
                 
                 
                 


                シドニア

                0

                   シドニアの騎士 5巻を購入した。
                   
                   弐瓶勉の描くキャラがどんどん可愛くなっている。
                   バイオメガのイルンゴルヌルカ様のあたりで、女性キャラの可愛さが急上昇!そして、シドニアの騎士で何があったんですか!?というレベルに絵が変わった。
                   
                   シドニアの騎士では、今までと打って変わってキャラクタの線が非常にシンプルになって、びっくりしたものである。
                   
                   女性キャラも万人受けする可愛さになっている。
                   
                   もちろん、シボさんとか、イルンゴルヌルカ様のような絵も私は大好きなのであるが…。
                   
                   相変わらず、弐瓶勉の作るSFの世界観は凄まじいものがある。
                   徹底的に練りこまれた設定と、世界観構築である。
                   
                   そしてなにより、凄いのは、世界にも認められる圧倒的なデザインのセンスである。
                   街のデザイン。武器のデザイン。敵のデザイン。装備のデザイン。
                   機械的でありながらも、有機的なフォルムを残した禍々しくも美しいフォルムには、いつも心奪われる。
                   
                   特に珪素生物とか、巡回査察官とか、奇居子とか素晴らしい。
                   
                   ぜひとも皆にオススメである。
                   
                   ところであまり関係ないけど。
                   ROのプルスとスコグルって、珪素生物に超似ておるな。今まであまり意識した事がなかったけれど、なんだかあんな感じのコンビの珪素生物が居た気がする。
                   
                   シドニアの騎士が人気が上がってもっと好きな人が増えますよう
                   父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
                   
                   えいめんっ


                  ホーンブロワー

                  0

                     チマチマ読んでおったホーンブロワーシリーズも、それなりに進んできて、「パナマの死闘」を読んだ。何ともいえないハードな話であった。
                     
                     ホーンブロワーがいよいよ、フリゲート艦の艦長となった記念すべき艦でもある。
                     互いに撃沈寸前の激しい砲撃戦の描写は手に汗を握る緊迫感だった。
                     
                     そうかと思えば、太平洋からカリブ海までの航路の間に、背徳感溢れるロマンスもある。(なぜかというとホーンブロワーが既婚者な為)
                     
                     そして、彼を信頼し、慕って、思っている部下達との交流、別れ。
                     
                     シリーズの中間ながらも、実は最初に発行された話であるというのも納得の一冊である。
                     この本を読んでいると帆船というものの難儀さというのがとても良く解ってくる。
                     
                     ところで、この本、読んでおって思ったのだが、人の上に立つ立場の人にぜひとも読んでもらいたい内容になっている。
                     特に主人公のホレイショ・ホーンブロワーが、帆船という一つの大きなコミュニティの維持の為、日々心を悩ます様は秀逸である。
                     
                     自らを深く省みて、そして時に部下に暖かく接し、時に厳しく接し。
                     規律を重んじ、信頼を重んじ、だが時に人間的な暖かさを見せる彼の姿を見ていると、なんだか彼の船に乗艦したくなってくるのである。
                     
                     海尉として彼のフリゲートに乗り込んでみたいものである。
                     そして、彼の命令の元働いてみたいと思ってしまう一作である。
                     
                     とりあえず書店へDASH。
                     ハヤカワ文庫である。海軍士官候補生ホーンブロワーをまずは買うべし。
                     
                     世の中にもっと海洋冒険小説が広がりますよう
                     父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。
                     
                     えいめんっ


                    1

                    calendar

                    S M T W T F S
                         12
                    3456789
                    10111213141516
                    17181920212223
                    24252627282930
                    << September 2017 >>

                    このブログについて

                    フレームを利用してHPとのハイブリッドになっているが、別にブログ単体にリンクしたり、トラックバックしたりは自由である。 必ずフレームの方にリンクしてくださいとかではないのでご自由にどうぞ。 昔から何でもご自由にどうぞである。

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM